【WordPress】あなたの記事埋もれてません?過去の記事を復活させるプラグイン!

2018年12月11日

はじめに

昔の記事、今でもみんなさんに有用な記事なのに、あれだけ時間をかけて書いた記事なのに、今では全然読まれない!!!
もちろん、もうブログを始めた人は知っていると思いますが「SEO対策」など、他にもたくさんの理由があると思います。

しかし、ツイッターやFacebookなどでは特定の分野の人のみにフォローしてもらっている。ブログはアフィリエイトではなくて、有益な情報を提供したい!

そう思っているも多いと思います。

現在、ツイッターでも自分のツイートをリツイートできるようになって久しいですが、過去の記事を自動に再投稿してくれたら便利ですよね?
今日は、そんな過去の記事をSNSで自動投稿してくれるプラグインを紹介します。

設定は超簡単です。所要時間は10分程度でしょうか。

 

どんなプライグインがあるの?

実際には、自動投稿してくれるサイトは私の知る限り3つあります。

  • Buffer – Hypesocial $\ce{<-}$今日紹介するプラグイン
  • Revive Old Posts (Former Tweet Old Post)
  • Newpost Catch

があります。私が紹介する以外のものに興味があればそちらを使ってください。

私がHypesocialを使う理由

私の利用環境でちゃんと動いた、というだけの理由です。
Revive Old Postsは設定ミスかちゃんと動きませんでした。
Newpost CatchはツイッターのディベロッパーのIDが必要で、英語で数百文字の感想文を書かないといけないんです。

アプリ作成の経験がない理由は、そんな分量の文章を書けるわけもなく、書かなければ次のページに行けない、、、
どうしたらいいんだよ!、って感じです。

そこで発見したのHypesocialです!
プラグイン便利なものが多いので、暇があったらどんなプラグインあるかチェックしてます笑

Hypesocialの設定方法報

超簡単です!

まず、いつもの通りインストールして、有効します。

この真ん中の文字が多くて、派手なやつです。


次に有効化するとBufferの設定ページがでるので、こちらに行きます。

まず、最初の設定ページ「Enable/Disable(有効化/無効化)」のページです。

ここでは、「Your Buffer App Access Token: Copy your Buffer app access token here.」の枠に、ここに書いているようにBuffe App Acess Tokenを入力するだけで大丈夫です。これは、Bufferのアカウントを作ることで得られます。

以下のディベロッパーページへ行きます。


ページに行ったら、「Get started with our API」を押します。そしたら以下のページに移るので続いて「Create an App」を押します。

そうすると登録画面に行きます。多分一番下のURLを入れるとこだけで作れると思います(必須とか書いていませんし)。

自分のURL以外は適当でいいです。一応、デフォルトで書いているものを載せときますので、コピペしてください。
1. AwesomeApp
2. An app that makes things awesome

そして次のページで得られるAPIコードをコピーして、先ほどの空欄に入れてください。
次に「Format & hashtag」
今書きながら気づいたけどハッシュタグも対応可能なんですね。後で追加しておきます。

私は今の設定は「過去の記事【{title} {url}】」でタイトルとURLが張り付けれます。


投稿された例がいかになります。


こんな感じになります。
次に重要なところです!!!!

投稿間隔

上から、
自動投稿する時間間隔ー私は4時間おきにしています。
何日前の記事から過去の記事としますか?ー私は3日経過したら過去の記事にしています。
さかのぼって何日前の記事までを投稿するかー私は100日経過するまで、自動投稿の対象としています。

私が打ち込んだ、上から4,3,100の数字の意味はわかりましたか?


次にSharing Optionです。

Sharing Option

投稿する記事数と「固定ページと投稿ページ」を選びます。
私は記事数がそれほどないので、1投稿だけにしてます。
そのうち、投稿数を増やしていくと思います。

Accountでは、TwitterやFacebookのアカウントを登録します。
Include categoryでは、記事に使うカテゴリーや特定の記事のみをポストする設定なで自由度は高いです。
ここで、最後にpost nowを押して矢印のところにブログの名前が出たら完成です。
このpost nowではツイッターには投稿されません。投稿されるのは私の設定では4時間後となります。

ちなみに、先ほどのディベロッパーページでアカウントを作って、ダッシュボードにいくと先ほど「post now」を押した記事があります。ここで手動でも記事をツイートすることも可能です。

以上となります。

 

【追記】

早速試したブログ仲間もいました。

 

2018年12月11日

Posted by xxxchem