【ドイツ】ドイツの祝日!?10月3日は何の日?【旅行】

2020年2月11日

ドイツの祝日

ドイツは連邦制をとっているために祝日も州ごとにまちまちです。
これは、ヨーロッパの土地の拡大や縮小、民族の移動、宗教など様々な要因があり、歴史的にすごく興味深いですね。

日本の祝日は日本書紀に基づいており、天皇と日本とのつながりを感じますね。

さてドイツはどんなんでしょうか?

10月3日は何の日?

ドイツにとって非常に重要な日です。
今日は、東西ドイツが統一したことを祝して制定されたドイツの祝日です。
30年前まで、ドイツは二つに分かれて、行き来することもこんなんだったそうです。
現在も経済格差があるようです。
でも、フランクフルトやベルリンのように現代的なビルが立ち並ぶのもいいけれど、旧東ドイツの穏やかな雰囲気や、低層構造なビルや、中世的な建物に無理やり飲食店が入っている感じは、それはそれで好きなんですよね。
ドイツに3か月しかいないけれど、こういった祝日を経験できるのはうれしいですね。
私としては、東西ドイツの歴史博物館やナチの博物館にたくさん行きたいのだけど、なかなかいけていないなー。

祝日はゆったりと家で休息。

ベルリン旅行

せっかくなので、少し古いですが旅行について紹介します。

先々週の土日に実はベルリンに旅行にいきました。
7年前の旅行と今回どちらもベルリンの壁を見に行けたし、なんやかんや有名どころは抑えています。
それはよかったかなと思います。
アイルランドにいる知り合いとその彼氏のドイツ人と一緒にぶらぶらしました。
最初、ベルリン旅行を誘われたときに、オクトーバーフェストいけるなと思ってたけど、彼らは興味なかったみたいでいけなかった。
これだけが心残りですね。

まず、ソニーセンター付近のベルリンの壁です。

この壁に点々ってついているの、これ全部チューンガムなんです!
近くで見て、「おえっ!」ってなっちゃいました。

ガムがついている理由はわかりません。

次はドイツといえばこちら!ブランデンブルク門です!

やっぱり観光客が多いですね!この通りにはたくさんの大使館が並んでますよ!この写真の左側にはアメリカ大使館もあります。
やっぱり、世界的な観光都市だけあって本当にきれいな風景でした。歴史的な建造物もおおいですしね。

もうすぐ、ベルリンの壁崩壊から30年がたとうとしています。
近代において、壁で国と国を、しかも同じ祖国を持つ人たちを隔ててたなんて、少し驚きます。

多くの建造物が工事中なのは、統一ドイツ30周年に向けてだったのかな?それともたまたまなのかな。

おしまい。

2020年2月11日

Posted by xxxchem