複数言語学習

2020年11月22日

お久しぶりです。なかなか更新できてませんでした。

コロナで大変な中ではありますが数ヶ月前にヨーロッパ(スウェーデン)にきて、海外勤務しています。
仕事も慣れてきました。職場どころかどこに行っても英語が通じるので、英語を中心に勉強もしています。

でも、せっかくなので、スウェーデン語、ドイツ語、英語の三カ国後を同時に勉強してもいいかなと思って開始します。

一つの言語を1日何時間も勉強するってなるのと辛いというのが一番です。
次の就職のためにゲルマン系のドイツ語か、スウェーデン語どちらか勉強しようと思ってましたが、せっかくだから、両方勉強始めようと思います。

期間としては、一年間、その何をやったかというのを、今後ブログに毎日書いていこうと思います。

複数の言語を同時にやるって大変じゃないのか、二兎追うものは一兎もえずなのでは?と思うのではないでしょうか。
私も全く同じ意見です。しかし、目標としているレベルはどちらも旅行でやりとりできる程度を目標にしてます。英語に関しては、さらに流暢なレベルになるように努力します。

英語は仕事で使うので、本を読んだり、ニュースを読んだりしてボキャブラリーを増やすというのがメインテーマで、あとは、英語を母語としない人とのリスニングを強化したいですね。

英語:IELTS6.5(10年前)
ドイツ語:ほぼ知識ない
スウェーデン語:知識なし

の状態でどれだけうまくなるでしょうか。

仕事で使うレベルまであげるのは、次の勤務先がスウェーデン国内かドイツ語圏かで違っています。
それが決まるのが大体一年後くらいでしょう。

まず、英語に関しては、リスニング強化+ボキャブラリーというのを目的として、
Native CampおよびBBC learning Englishを使いはじめました。
とりあえず、今日のNative Campは26分のコースを3回受けたので、約1時間30分勉強したということにしましょう。

初学者に向けての興味深い勉強法として、旅行会話を100個くらい覚えてから勉強を始めるってあって、面白い試みですし、私にマッチしそうだったので、スウェーデン語、ドイツ語はここはじめようと思います。

これからやるので、1日10フレーズと模範解答の暗記からスタートですね。

ちなみに、複数の言語を話す人をpolyglotsといいます。
バイリンガルですごい、トリリンガルですごいと10年、20年前言ってましたが、ネットの発展で自由に簡単に情報をえられるようになったために、複数の言語を話す人が増えたのでしょう。

私の海外の友人で、両親の離婚によって、家族での会話はフランス語、父親とはオランダ語、母親とはフランス語、姉とはドイツ語またはフランス語という人がいました。

推理その①
元々、ドイツ人母親とオランダ人父親、連れ子の姉、友人だったのでしょうが、ドイツ人母親が何かしたのか、子供を父親が預かるようになった。

推理その②
オランダ人の両親が仕事でドイツにいて、姉がドイツ語で初等教育を受けて、その後、どこかに移住して姉は引き続きドイツ語教育を受けて、友人だけはいろんな言語を話せるようになっていた。

ここまで複雑ではないいしろ、ヨーロッパではこういった理由で複数の言語話せる人がいるのは、結構あるあるらしいです。

それでは、また明日。

 

2020年11月22日

Posted by xxxchem