【生活】ドイツのメンザって???イラン人にお金を借りるの巻【メンザ】

2018年11月6日

はじめに

研究室では、お昼ご飯を学食で食べるのが恒例です。教授やポスドクみんなで食べます。しかし、トラム(路面電車)の定期券を現金で買ったわたしは、今日現金を持っていなかったために、イラン人の研究室の学生に10ユーロ借りることに。。。なさけない。。。

メンザ

ドイツの学食はメンザと呼ばれます。博士課程時代の中国人の同級生もよくドイツに研究しに来るらしいです。彼女が、そっちの大学のメンザはどう?と聞いてきました。

最初は「メンザ?」と思ったのですが、すぐにGoogleへ。あ~ドイツの学食はメンザというのか。

学生は本当安いです。弱者には優しい。日本ではみんな同じ値段って、疑問を感じたこともなかったです。だいたい250から400円くらいで大盛りのご飯を食べられます。クスクス見たいな穀類、パスタ、パン、じゃがいものどれか主食+肉やシチューなど。毎年どの大学のメンザが優秀か、メンザの大会が開かれるらしい。

ATM

今日の朝はその10ユーロを返すために、朝からatm探し。以前使ったことところは少し遠いい上に通学路から逸れるために、他のatmを探すことに。グーグルマップでatmを検索すると、通学路しかも近くに、でも、屋内にあるatm扉に鍵がかかってる。うーん。

そこで少し歩いて大きい銀行へ。

アイルランドでは外壁にatmが埋め込まれていんです。昔アイルランドに住んでるときは、なんとも不細工な仕様だと思っていましたが、今日みたいなことあると、壁に埋め込む方が便利かもしれない。

日本の用にコンビニでいつでもお金をおろせるわけではありません。

ドイツのお店

日曜日は法律によってあいてません。調べれば1つくらいスーパーはあるかも。

ヨーロッパでは、どんな遅くても23時には9割以上のお店が閉まります。お酒を売るのも時間の限りがあって、公共でのお酒を厳しく取り締まっていたりします。
ペットボトルにウィスキーを入れて持ち歩くツワモノもいました。
日本は花見や海水浴、お酒をいつでも買えてどこでも飲める。
どちらがいいというわけではないですが、食事や友人との過ごし方で楽しみ方が違うんだと思います。

そして

毎日朝ごはんはスーパーでパンを買います。ドイツのスーパーでは、パン屋のパン見たいのが売ってます。日本の袋に入った菓子パンではなくて、です。

おわりに

イラン人にお金を返して、チョコを買って色をつけた。
おしまい。

2018年11月6日

Posted by xxxchem