ドイツでもSpotify

2018年12月12日


Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/xxxchem/xxxchem.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 997

はじめに

もう日本でも有名になった音楽ストリーミングサービス「spotify(スポティファイ)」。私個人としては、2012年にアイルランドへ語学留学したときに、音楽好きのスペイン人に教えてもらい、帰国したら使えなくなり、それから日本で使用できるのを楽しみにしていた一人です。

Spotifyは本当にみんな使っています。有料なのか無料かは調べてませんが、スイスに旅行行った際にも友人が使ってました。

Spotifyとは

世界最大のストリーミングアプリです。PC版もアプリ版もあります。プレイリストが充実していますし、無料版でも曲に関する制約はありません。邦楽、洋楽(英語やスペイン語だけではありません。ドイツ語、イタリア語本当に世界中のあらゆるジャンルの音楽が聞くことができます)もちろん、他のアプリを使用しながら曲を再生可能です。無料版ですと、曲間にCMがあったり(youtubeでは曲の途中にCMが流れたり、、、)、オフラインでの使用に制限がかかったります。最近では、邦楽の著名なアーティストも増えてきました。古い曲もたくさん聞けます。Youtube musicも上陸しそうなので、今後、乗り換えちゃうかも。

The app was not found in the store. 🙁
Spotify – Musik und Podcasts
Spotify – Musik und Podcasts

ちなみに、ちなみにspotifyはローカルファイルの再生にも対応しています。詳しくはこちら

アプリを海外で使用する。

今回海外に来るにあたり、Hulu、radiko、amazon ultimate (amazon読み放題)が海外で使用できないので、解約してきました。今回、Spotifyも解約してこようと思いましたが、プレミアム会員なら海外でも使用可能!無料版ユーザーでも数日間使用可能です(旅行などではいいですね。)。

もう一か月くらい経ちますが、ちゃんと日本と同じように使えてます。
長い間使用してきて、プレイリストを使用していたので、使用可能でよかったです。

ちゃんと、オフラインモードにして利用してます。
Spotifyを全然使いこなせていないので、使い方のレビュー記事でも書こうと思います。

音楽とデータ科学

今、アプリリンク探してみたら、「Spotify for music」ってアプリがあります。どの国でどの地域でそのアーティストが聞かれているのか、アーティストがデータを得ることができるようです。ライブの予定などに影響しているようです。

そんな、特定の地域で聞かれることなんてあるのか?みなさん、記憶に新しいオースティン・マホーンの「dirty work」

 

これは、日本という特定の地域で聞かれていたのではないでしょうか。しかも、ブルゾンちえみさんの故郷岡山のラジオなどでよく流れることで、一般の人がspotifyを利用して、この曲を極端に聞くのであれば、ライブ集客(グッツを含めて)も見込めるということです。

現在、趣味を楽しむのは一つでも多くの情報が必要となっています。特に、野球。昔から、打率から、コース別の安打率、データとともに歩んできたといっていいスポーツです。今では、野球のピッチャーが何キロ/時で投げるかやだけではなく、塁間の到達時間から、走者の加速度、バットのスイング速度、「重い球、軽い球」すべてデータで表され解析されています。

データ科学は私の研究の主テーマでもありますので、いつか話せたらと思います。

おしまい。

 

 

2018年12月12日

Posted by xxxchem