まだあるの?例の論文から検証!10年後消える仕事の現状

2019年4月10日

最近の若い人がいい仕事ばかりしたがる、私自身も5個も10個も下の学生を見ていてもそう感じることがあるので、きっともっと年齢が上の人は私に対しても強く感じることがあると思います。

でも実は、そうではないのではないでしょうか。。。。

機械化が進んで選べる仕事が人間の能力が必要なことが残ってしまっている。というのが現状なのではないでしょうか。

なぜ、この話題について話すのか、それは今となっては有名になりましたが、2013年にオックスフォード大学(イギリス)のマイケル・A・オズボーン博士が発表した、ある論文に由来するものでしょう。

原著論文

THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?

論文に記載されている、10年後なくなる仕事

銀行の融資担当者
スポーツの審判
不動産ブローカー
レストランの案内係
保険の審査担当者
動物のブリーダー
電話オペレーター
給与・福利厚生担当者
レジ係
娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
カジノのディーラー
ネイリスト
クレジットカードの申込者の承認・調査を行う作業員
集金人
パラリーガル(弁護士のアシスタント)、弁護士助手
ホテルの受付係
電話販売員
仕立て屋(手縫い)
時計修理工
税務申告書代行者(税理士、会計士など)
図書館員の補助員
データ入力作業員
彫刻師
苦情の処理・調査担当者
簿記、会計、監査の事務員
検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
映写技師
カメラ、撮影機器の修理工
金融機関のクレジットアナリスト
眼鏡、コンタクトレンズの技術者
殺虫剤の混合、散布の技術者
義歯制作技術者

実際にこれらの仕事に対して、我々が考えるキーワードは「AI」、「3Dプリンター」、「小型化とそれに伴う商用性・汎用性」だと思います。

AIによって対応されている事業

銀行融資担当者
スポーツ審判
不動産ブローカー
保険の審査担当者
電話オペレーター
給与・福利厚生担当者
クレジットカードの申込の承認・調査を行う作業員
ホテルの受付係
苦情の処理・調査担当者
簿記、会計、監査の事務員
検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
金融機関のクレジットアナリスト

確実にマシーン投資というのがはやっていて、すごい影響力を持っているのは確かです。

ホテルの受付も機械化してますよね。ハウステンボスのロボットが受付というのもありますし、

こういった形式のものもあります。とにかく無人化・多言語対応が進んできますね。

3Dプリンター

彫刻師
義歯制作技術者

建築家についても今後どうなるか。。。最近こんなニュースがありましたよね(リンク)。実際建築の作図はAIそして、下請けがやっていた仕事を3Dプリンターがやるってこともあると思います。

ドローンでやられている??

殺虫剤の混合、散布の技術者

どこかのニュースで見た気がしましたが、もういろんな企業が手を出しているようですね。(リンク

小型化とそれに伴う商用性・汎用性

ネイルの家でできるやつ。TiktokやYoutubeでよく使っている人をみますよ。本当になくなってしまうかもしれませんね。

「私はネイリストにやってもらう方がいい」そんな人のためにやっている。なんてよく聞きそうですが、私的にネイルのデザインやデザイン性を上げるために塗料の研究をやっている人が結局ネイリストとして活躍してそうだと思います。

まずは、こういった機械を扱って安くネイルを提供できる店がまずはやりそう。

【在庫あり】 KOIZUMI KNP-N800/P ピンク 小泉成器 コイズミ デジタルネイルプリンター PriNail(プリネイル) 着替えるように、ネイルを楽しもう♪シーンや気分に合わせて 【お取り寄せ】【ホワイトデー お祝い】

二流の生き方

一流と二流について話している人は多いとは思いますが、私に取って一流とは一発でいいものをもってくる。
ノーベル賞級をもってくる。

二流は結果を残せるが、逐一検討が必要、明らかに悪いものを手に取らないです。
よく言う一発屋はこの一流二流に属さないと思います。

二流の人はどうやって候補をだすのか、やっぱりAIや機械学習、多検体を扱えるようにハイスループット化したり、逐一人の手でやることを減らす。というのが大事なんでしょうね。

とにもかくにも、先進国では自動化がすごい進んでます。小さいころからやりたい仕事があるというなら、発展途上国でビジネスやるのがいいのかな。
南米ではスペイン語、アフリカでは英語・フランス語ということが多いですし、先を見通して語学やビジネスの勉強もしなきゃいけませんね。

結言

ほとんどの仕事がまだ残っています。ですが、AIや機械化の影響が無視出来ないほど精巧な製品として売り出され、影響力は大です。

それでは緒言部分で話した若者は、やりたい仕事だけしているのか。
私は、自分が30年する仕事を念密に探している、または、多くの仕事が複合的な知識を要求されるので、1つのことに縛られない。または、ひとつのことをやるのが社会的に無理が出てきた。ということではないでしょうか。

そう考えると現代の若者はみんなが思っているより現実的なのではないでしょうか。バブルを知らず、景気が上向いてきてから生まれてきた世代。彼等は同時にスマホの台頭とともに成長し、情報が氾濫した中から好きな情報を得られるスキルを持っています。

勝てるのだろうか。。。

私が高校・大学のとき、中国人の富豪の子息たちは、中国語だけではなく他の言語を2ヵ国、3ヵ国話しており、マナーや教養は小さいころから勉強されていて映画に出てくる英国紳士・淑女の様だって言っていました。そして、そんな人たちが戦っていくのかと落胆していました。

でも、ステージが違いすぎるせいか、未だに彼等をこの研究で倒してやる、なんて機会もなく。

彼等は大企業で戦っていて、一生会うことないのだろうな。それか、思春期になにかあったのかな?

とりあえず、世界的に大企業の役員は中国人が多くなっているのだろうけどね。それでも、米中貿易戦争で少し収まっているのかな?

中国が民主化したときに、、、本当に日本だけではなく、多くの国が中国におおわれていくでしょうね。

そんなときに、第一線で戦えるようにスキルをつけなくては。。。

2019年4月10日

Posted by xxxchem