イチナナのDJのGig楽しみませんか?音楽ライブを楽しめるライバーを紹介

2018年12月15日

人気急上昇イチナナでクラブミュージック楽しみませんか?

イチナナをまとめると

  • 台湾で始まったアプリ
  • 2017年日本上陸
  • 2018年アメリカ上陸
  • 他のアプリと違って、登録すれば無料で配信をいくらでも聞けます。
  • 基本的に使用は無料、ギフトという投げ銭のようなシステムがあります。
  • 課金はアプリ内とラインから貰えるリンクから買えます。
  • アイドル、俳優、モデルの卵がたくさん出演してます。

そして、歌配信も多いのですが、今回はDJ配信について紹介します。

クラブミュージックとは?DJとは?

一般的に、Hip-hopやレゲエからpopミュージックまで扱うジャンルは幅広いです。

EDM

そして、クラブでイメージするのは、電子音楽のテクノとハウスではないでしょうか。ここ数年の流行ではEDMとよばれるジャンルですかね。EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略です。つまり、シンセサイザーなどを使ったダンスのための電子音楽です。

EDMはポップダンス電子音楽といいましょうか、DJ文化からできた音楽ジャンルなので、ポップミュージックをアレンジしていることが多く、後述する電子音だけで構成されるようなテクノやハウスから区別され、批判されることがあります。

テクノとハウス

これらは混同されやすいがですが、もちろん違いはあります。テクノは簡単にいうと、非常に自由度が高いです。言ってしまえば何でもありです。音楽は理系だっていろんな人がいうように、一般的に楽曲はコード進行・リズムにおいて音楽理論があります。しかし、テクノではそれを無視してオッケーという野性的というか感性の音楽、実験的な性質が含まれます。必ずしもダンスに向く音楽じゃなくていいわけです。
一方ハウスは、電子音楽ですが四つ打ちのリズムを基本とし、同じメロディラインを繰り返すことが多いです。思わず体がノッてしまうような一般受けしやすい楽曲が多いのが特徴です。ざっくりいうと、DJによって選曲、アレンジされたアルバムのことです。ディスコクラブにて演奏され、CDなどもたくさん売られています。

EDMの例

一般的には、クラブ内にダンスフロアは何個もあって、それぞれ違うジャンルの音楽が流れるています。なので、テクノを聞きたい、EMDのフロア行きたいっていうのはそう難しいことではありません。

David Guetta

EMDを不動の音楽ジャンルにしたのはこの人ではないでしょうか。

この動画見てもらうと分かりますが、もう野外ライブでこれだけの人が集まります。

クラブで、DJは基本的に1時間から二時間くらいの時間が割り当てられて、1晩に4~5人のDJのGigを楽しめます。
そして、この1時間で数百万円の報酬なんてざらです。

音楽ってやっぱりすごいな~。

DJについては、こちらのリンクを参考にしてみてください。

初心者にはどんなCD買えばいいの?

日本で一番なDJといっても過言ではない、「DJ Kaori」のリミックスCDを試してみてください。

 

私はJ-pop好きだって人には、もちろんJ-popのリミックスもあります。

私はDJテクニックについて語るほどのものではないですが、DJ Kaoriさんの作品は最新ヒット曲から選曲されるので、リリースも早いですし、最新の流れっていうのもわかりやすいです。聞いたことある!って曲がたくさんはいってますよ。

本当にクラブ初心者はここから入るのがおすすめです。その後、クラブに行って好きなDJを見つけて、itunesやspotifyで彼らのアレンジした楽曲を探してみればいいと思います。

クラブ行ったことあります?

私は田舎から東京に来た大学生で、もうクラブなんて敷居が高すぎでした。
私の大学時代の一番の友人が、クラブ好きだったので最終的には毎週末クラブに行くようになってました。

というか、私の苦手なパリピと呼ばれる人が多いのでは、と当時思ってました。

どんな人がクラブにいるの?

しかし、クラブに来る人は多様多種、統計を取ったわけではありません。しかし、だいたい以下のような構図かなって思います。

まず、音楽が嫌いな人は来ないと思います。高音質でライブミュージックを聞きたいっていうのが第一だと思います。

こんな感じだと思います。

「出会いを目的としてる」とは、イメージしやすいのは「相席屋」ではないでしょうか?
私自身相席屋にいったことありませんが、テレビでみるような「少し話しませんか?」から連絡先聞く程度なので怖がらなくていいと思います。

ほとんどが、盛り上がるところで飲みたい、社会経験としてきたっていうのがほとんどですね~。
あとは、好きな音楽が一緒の人と盛り上がれるっていいですよね。

実際行ってみると、怖くはないですね。

イチナナでGig???

Gigは演奏のことを指します。そんな、クラブで活躍するDJがイチナナでも聞けるんです。
自分でアレンジした曲を流したりしてますよ。

私がイチナナで好きなジャンルは、このDJ配信と、ドラム配信ですね。

DJ KOO

一番は有名なのはこの方でしょう。よく、曲をミッスクしてこの曲はどんな曲

DJ Yutaro

もう、ガチなDJです。有名なクラブいったら見かけますよ。配信もテーマごとにジャンルを選んでいて、クラブミュージック導入にはぴったり!というか、これをタダで聴けるって最高ですよ。

 

 

View this post on Instagram

 

DJ YUTARO【】さん(@djyutaro)がシェアした投稿

 

DJ Calaz

箱を経営しているようです。初心者におすすめの曲ばかり流れます。
イチナナライブでの配信はは箱の中なので、他の配信に比べると音はそれほど良くないですが、臨場感ある配信をしてますよ。

なにより気さくにコメント呼んでくれます(^^♪

DJ 雷神

DJ KOOさんの弟子をしているようです。基本、DJ配信です。ジャンルは難しいですが、テクノ、ヒュージョン系ですかね。UKビートとか。私のリアルの友達もこの分野なのですが、ちょっと、疎くてわかりません。すみません。

コラボ配信もよくやっていますが、トークも面白いですよ。

DJ Mel

いわゆる、色物DJといいますか、アイドルDJです。DJテクニックがどうこう言う人は合わないかもしれませんが、クラブミュージックを初めて聞くという人はこの辺がいいかも。

といっても、17内ではほとんどDJ活動は見られません。ダンス配信のようになっています。

View this post on Instagram

 

DJ MEL Official さん(@djmel_jpn)がシェアした投稿

 

このあたりの配信を見てみると、クラブの雰囲気わかると思います。

ある意味、ライブミュージックって落語とかと一緒で予習をして初めて場に溶け込めたり、雰囲気に溶け込めたりします。
例えば、ライブの前に一番新しく出たアルバムを聴いたり、ベストアルバム聞いたりしますよね?もちろん往年のヒット曲は流れると思いますが、予習するともっと楽しめます。

音楽はフィーリング!っていうのもわかりますよ。わかりますけど、せっかくなら、好きって思える曲の歌詞だったり、アーティストのバックグラウンドを知りたいって思うのは普通だと思います。

こういったイチナナを使ったgigを中心に予習していくといいと思います。

みなさんにもクラブ文化をわかってもらえるといいな~。

 

 

 

2018年12月15日

Posted by xxxchem