取りたい写真はどんな写真

以前、紹介した記事でフルサイズカメラにハマったと紹介しました。

昨年はコロナ禍のために、一人でできる趣味というのが流行りました。
特に、写真を始めるという人がまわりでもたくさんいました。

カメラの販売台数は年々減っていますが、canonのミラーレス機の本気を確認した2020年でした。
Sony、Nikonでもかなりいい機種をどんどん出していて、いいカメラを買えばいい写真を取れる時代になったと皆さん行ってますね。

今後、構図や場所が重要になってくるとも言われていますね。
写真家ほど忍耐強い職業は早々ないと思いますが、さらに極限環境への挑戦が求められてしまうのではないでしょうか。

写真撮影にハマった。60Dから6D mark IIへ移行!

どんな条件で取っているのか

機材はcanon 6D mark2を使っています。
レンズは、50 mm, 24-105 mm, 75-300 mmの安いレンズです。

最近はメモリの関係上、Rawでしか取らないことにしてます。

どんな写真を取りたいか

まず、取りたい写真についてですが、ピントがピシッと決まる写真を取りたいですね。
いくつかフォトストックに登録してますが、ピンと甘めでリジェクトにあうことが多かったです。

調べてみると、まず、Raw自体がピント甘めになるって記事があるのですが、そうなのでしょうか。
後で調べてみます。

ピントバシッとあった写真を取りたい

①ミラーショックでブレる

シャッターを切った、「カシャ」って音がなるときに、カメラ内のミラーが動きます。この影響でブレるというものですが、私の写真はそこまで厳格な写真を取っていないのと、シャッタースピード早いので、この影響は少ないと思います。

②ファインダーを覗いての撮影

最近ライブビューモニター(ディスプレイ)をタッチしてフォーカス合わせていたので、他の人も同じように試していたことにびっくりしました。
60Dではフォーカスのポイントは多いですが、中心に集まっていて四隅は甘くなります。

また、ディスプレイ画面にすると顔認識がかなり良くて、一度顔認識すると、被写体が動いても追尾してくれます。

タッチはしないまでも、液晶にするだけで、フォーカスの精度が上がってように感じます。

オートフォーカスをコントラストAFにするといいという話もチラホラと、
実は、測光パターンとAFの種類についてはなんだか苦手て避けてきた経歴が。。。

やっぱり三脚+レリーズを使った撮影が一番なのかな。。。

③親指AF

まず、「半押し」の必要がなくなるため、楽というのがあります。
半押しで、 ピント+速攻パターンを決めるわけですが、背面にある「AF-on(6D mark2の場合)」を押すとピンとだけを合わせることができます。

まぁ、半押しとどちらがいいとも言えず、使う場面が見当たりませんが。

背景ボケの原理を知りたい

どんな写真を取りたいかと言われて、背景ボケの写真を取りたいと思ってしまいます。
でも、うまく背景ボケできるときと、普通に背景が映るときがあり、しっかりと知っておきたい部分ではあります。

レンズの焦点距離と被写体までの距離が重要なのはわかりすが、今まで感覚でやってました。

Sonyのページがわかりやすかったので載せておきます。

Posted by xxxchem