【アプリ】インスタの写真をツイッターに乗せる方法:IFTTT(いふと)【おすすめ】

2018年12月12日


中山

どーもこんにちは。今日は、インスタの写真をツイッターに乗せる方法を紹介します。

現状(デフォルト)

インスタグラムは、Facebookやtwitterへ共有できるようになっているのはご存知だと思います。


インスタグラムのページからツイッターに共有すると、このようにURLは載るけれど、写真が出てこない。
これだとインスタグラムを一度経由しないと写真が見れないんですね。

Facebookにはちゃんと写真載るんです(事実、InstagramはFacebookに買収されていますしね。互換性いいのは当たり前か)。

IFTTT

そこで、紹介するのがIFTTT(イフト)と呼ばれるウェブサービスですね。
「if this then that」というコンセプトの頭文字ととっています。
これは、今回紹介するツイッターに写真を載せるだけじゃなくて、いろいろな機能がありそうなので、IFTTTについてはもう少し調べてみたいですね。

まずはイフトへ行ってみましょう。


最初に、登録します。

次に、対象のappletを入手します。

「Twitter instagram 新しく」で検索しました。
この一番右にある日本語のAppletを入手しましょう!
一番右のAppletをクリック。
そういうすると、こんな画面が出てきますので、
Turn on(起動)を押します。

そうすると、InstagramとTwitterの連携ページに行きます!
これをAuthorize(許可)
するとおしまいです!

簡単ですよね!

しかし、私が迷ったのはここから
最初に過去の投稿をツイッターに共有してもURLだけ表示される。
なぜ?
これは、探せば他のAppletがあるかもしれませんが、私が使っているのは新規投稿のみっぽいですね。

それでは、新規投稿!

ん?
今度はTwitterで音沙汰なし。
さっきの、Turn onしたページには Run within an hour(一時間以内に反映されます)って書いてる!でも、もう一時間たったのに。
そんな時にはこの写真にある、「Check now」をおすと反映されます。

ちなみに

これは、Instagramに写真をアップすれば勝手にやってくれます!Twitterにチェックを付ける必要がありません。
今まで、Instagram投稿時にTwitterやFacebookが並んでる共有の画面の丸いボタン押して、緑(アクティブ)になったの確認してましたよね。
それがもう必要ありません。

完成したものがこちらです。


これで完璧ですね。

IFTTTについて他の記事書くときには、ツイッターでお知らせします(^^♪

おしまい

 

2018年12月12日

Posted by xxxchem